京都府与謝野町の木製建具店です。新規建具製作はもちろん建具修理、障子、襖の張り替えなどもしています。

建具屋カトーの決心

















http://www.youtube.com/watch?v=w0sHLX1oAGM




建具屋カトーの決心 -儂がジジイになった頃-

作詞/作曲 さだまさし

建具屋カトーはこの頃長いスランプにおち入ってる

町の消防団のけいこにも力が入らないでいる

原因はあの無茶苦茶な消費税のせいばかりでなく

勿論仕上げの遅れたサダ家の

便所の扉のせいでもない

この頃カトーは自分がガイジンになってしまった気がしてる

絶滅間近の朱鷺という名の美しい鳥のように

ニッポンジンて奴がどんどんいなくなってるじゃねェかヨ

冷や酒口に運び乍ら彼は

淋しそうにそうつぶやいた

マニュアル・ビジュアル・セクシャル

あいつら都合が悪くなっとヨ

何だか訳のわかんねぇ言葉でごまかしやがってヨ

何だトレンデーのヤングの為の

スペシャル・コーデネートの

デーシーブランドのプレタポルテったっておめえ

どーゆー意味だかさっぱり分かんねぇな

そう思わねぇかヨ兄弟

そう思わねぇかまさしおめえよ

彼は少し赤くなった顔で

僕にそう言った


彼はこの頃子供達が風の子でなくなったと嘆いてる

上目づかいの淋しい目で冷たく笑うのを悲しんでる

原因はその母親が母として堕落したからで

勿論悪いのはそうさせた

その夫たちだと怒ってる

政治も学校もTvも本もカネもみな悪いけれど

もっともっと悪いのはそんな親に育てたじじとばば達だってサ

子供に気に入られようとガンコじじいやごうつくババア

いなくなった事が世間の秩序を

乱したと彼は主張している

人間国宝になる予定を変更して彼は

世の為人の為にいやなジジイになる決心をした

「あ、そりゃ僕も賛成だな」って言うと

そんじゃ共に手をとり合って

いやなジジイになろうじゃねェのって

大声で笑った

さあ手をとり合って共に立ち上がろう

「さあ手をとり合って共に立ち上がろう

僕たちはまだ間に合うと思うんです

さあみんなでガンコじじいやごーつくババアになろう

ハンド・イン・じじい」

建具屋カトーは谷村さんのファンであった


年にも負けず病気にも負けず金で負けてもロマンは売らない

いつも心に歌を忘れず若い友達に夢を語ろう

東に危険な子供あればあぶねーことやめろと張り倒し

西に生意気な娘があれば

行って優しく屁をかましてあげよう

北に淋しき未亡人あれば行って共に梅こぶ茶をすすりつつ

青春はこれからですよとはげましついでに自分の頭もはげましてたりして

南に迷う女学生あれば

あなたの人生の中であなたが主人公だよと

優しく唄ってあげよう

人にくそじじいと呼ばれ

早くくたばれとののしられ

ほめられもせず嫌われても

けして心の愛は捨てない

そういうじじいに私はなりたいこの愛しい町で


思えば何て美しい国に生まれて来たんだろう

こうして生きているというだけで幸せな一日がある

吹雪の如く風を彩る桜

天女の如く夜空に舞う蛍

藍より蒼き森の青紅より赤き里の秋

静かに心を埋める雪の白

ああ僕等はこの美しさをこの手で亡ぼそうとしている

ああ僕はこの美しい国を愛し乍ら憎んでいる

ん~~ちょっとマジんなっちゃったかな


建具屋カトーと僕はそしていつかガンコじじいになる

何故か若い奴等がホラ話を聞きに集まって来る

眉山からゴビ砂漠に向かってしょんべんして借金して

島の王様で昔は歌手と言っても

「嘘つけこのハゲ」かなんか言われてしまうだろう

建具屋カトーと僕は死ぬ間際の事までもう決めてる

若い奴等を前にして最后は自分の大ヒット曲を歌う

「故意に」間違えたりして最后まで笑いを取りに行ったりなんかして

そして高らかに歌うのだ


たいした人生ではなかったけど

あ~~面白かった

思いっきり生きて来たから

あ~~面白かったよ

「さあ別れの時が来た

世話んなったな

最后の儀式だ

お手を拝借

『三本締め』

ご協力ありがとう

いよいよ別れの時だ

さらばぢゃ」

でもう一回生き返ってみしたりなんかして


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 建具屋カトーの決心

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nomutate.com/mt/mt-tb.cgi/81

コメントする

一級技能士
 野村建具店

  • 京都府与謝郡与謝野町三河内1210-5
  • Tel&Fax:0772-42-0816
  • Mail:info@nomutate.com

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30