京都府与謝野町の木製建具店です。新規建具製作はもちろん建具修理、障子、襖の張り替えなどもしています。

住宅における室内建具の問題

ここ最近ブームともいえるエコ!


ただ言うのは簡単だが実際取り組むとなると...難しい!

建築の現場では色んなアイデアを出し合い盛んに取り組まれています。

長期優良住宅はもちろん、自然素材を意識したリサイクル可能な家、

また建具においても無垢の建具、無垢の板、和紙等を使われている建具は長持ちし

希望があれば多少手を入れてやると再生可能です。(ダメなやつもありますが...)



ただし各メーカーの既製品建具はエコの観点からみても?です。



新規取り付けからメーカー担当ではありません。(ここに問題ありの気が...)

現場の大工さんがメーカー品建具を取り付けています。


各メーカーの既製品建具が普及して何十年か経ちますが


毎日稼働している建具&金物は消耗品です。

耐久年数を越した建具がこれから増えてくるはずです。



・木ではなく紙を圧縮したような建具もあり(ドアの場合特にビスがきかない。)

・金物、壊れて取り替えの際、(@_@;)です。金物自体高い。(特許金物まである)

・実際、メーカー既製品金物は建具屋仕様の金物屋さんでは取扱いしてない物が多い。

・メンテナンスは誰がする? メーカーさん直せますか?



おそらく建具職人がメーカー既製品の不具合メンテナンスも

請け負う事になるだろうと言われていますし

ここ最近やたらと多いのも事実。


今後の住宅における建具のデザイン&仕様にも注目です。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 住宅における室内建具の問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nomutate.com/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする

一級技能士
 野村建具店

  • 京都府与謝郡与謝野町三河内1210-5
  • Tel&Fax:0772-42-0816
  • Mail:info@nomutate.com

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30